12月公開オススメ映画
ベスト3

彼女が目覚めるその日まで


公開:2017年12月16日
監督:ジェラルド・バレット
出演:クロエ・グレース・モレッツ / トーマス・マン

あらすじ

ニューヨーク・ポスト紙で働く21歳のスザンナ・キャラハン(クロエ・グレース・モレッツ)は、物忘れがひどくなり、重要な取材でミスをしてしまう。さらに幻覚、幻聴、けいれんに悩まされるが、検査をしても結果は異常なし。会話もままならなくなったことで精神科への転院を勧められる中、スザンナの両親や恋人のスティーヴンは疑問を感じ……。
出典:シネマトゥデイ

おすすめポイント! おすすめポイント!


原因不明の病に苦しむ女性記者の闘病記を、『キック・アス』シリーズなどのクロエ・グレース・モレッツの主演でヒューマンドラマです。仕事も恋愛も順調な新聞記者が、幻覚や幻聴の原因がわからず苦悶する姿を描く。ジェラルド・バレットが監督を務め、シャーリーズ・セロンが製作を担当。共演はトーマス・マン、キャリー=アン・モス、リチャード・アーミティッジ、タイラー・ペリーら。
ベスト2

オリエント急行殺人事件


公開:2017年12月8日
監督:ケネス・ブラナー
出演:ケネス・ブラナー / ペネロペ・クルス

あらすじ

トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で、富豪ラチェットが刺殺された。教授、執事、伯爵、伯爵夫人、秘書、家庭教師、宣教師、未亡人、セールスマン、メイド、医者、公爵夫人という目的地以外は共通点のない乗客たちと車掌をあわせた13人が、殺人事件の容疑者となってしまう。そして、この列車に乗り合わせていた世界一の探偵エルキュール・ポアロは、列車内という動く密室で起こった事件の解決に挑む。
出典:シネマトゥデイ

おすすめポイント! おすすめポイント!


これまで幾度も映像化されてきたアガサ・クリスティの傑作ミステリー。ヨーロッパ各地を巡る豪華列車「オリエント急行」を舞台に、世界的な名探偵エルキュール・ポアロが客室で起きた刺殺事件に挑む。『ヘンリー五世』『世にも憂鬱なハムレットたち』などのケネス・ブラナーが監督と主演を兼任。さらにジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、デイジー・リドリー、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルスら豪華キャストが集結する。
ベスト1

スター・ウォーズ/最後のジェダイ


公開:2017年12月15日
監督:ライアン・ジョンソン
出演:デイジー・リドリー / ジョン・ボヤーガ

あらすじ

『フォースの覚醒』のラストシーンで、万感の思いを込めてルークにライトセーバーを差し出すレイ。彼女をじっと見つめるルーク。そこに言葉はない。観る者の胸を感動で満たし、同時に様々な想像をかき立てずにはいられなかった、このラストシーン。――そして物語は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』へと受け継がれる。

伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーとめぐり逢ったレイが知ることになる驚くべき真実とは? なぜカイロ・レンはダース・ベイダーを受け継ごうとするのか? さらには、レジタンスを率いるカイロ・レンの母親レイアと、ポー、フィン、BB-8らレジスタンスたちの新たなるミッションとは? そして、タイトルの“最後のジェダイ”が意味するものとは?
――知られざる秘密が明かされるとき、さらなる謎が生まれる。
出典:シネマトゥデイ

おすすめポイント! おすすめポイント!


世界的な人気を誇る『スター・ウォーズ』シリーズの新たな3部作の第2章。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』後のストーリーが展開する。『LOOPER/ルーパー』などのライアン・ジョンソンが監督と脚本を担当し、前作に引き続きデイジー・リドリー、ジョン・ボイエガやマーク・ハミルらが出演。レイがルーク・スカイウォーカーから知らされる真実や、ダース・ベイダーになろうとするカイロ・レン、レジスタンスたちの新ミッションなど見どころ満載。