夢に向かって一直線な主人公
image by : PEXELS
ベスト8

宇宙兄弟


引用:(C)東宝東和
公開:2012年
監督:森義隆
出演:小栗旬 / 岡田将生
西暦2025年。幼い頃に兄弟で交わした「二人で宇宙飛行士になる」という約束通り、弟・ヒビト(岡田将生)は宇宙飛行士となったが、兄・ムッタ(小栗旬)は、自動車設計会社をクビになり無職となってしまう。大きく異なった運命を歩んでいた二人の兄弟。そんなある日、ヒビトからの1本の電話をきっかけに、ムッタは再び宇宙を目指し始める。夢を追い続けたヒビトと、夢を思い出したムッタ。いま、二人の壮大な夢が動き出した……。
出典:Movie Walker
ベスト7

ジャージー・ボーイズ


公開:2014年
監督:クリント・イーストウッド
出演:ジョン・ロイド・ヤング/ エリック・バーゲン
ニュージャージー州の貧しい地区に生まれたフランキー・ヴァリ(ジョン・ロイド・ヤング)、ボブ・ゴーディオ(エリック・バーゲン)、ニック・マッシ(マイケル・ロメンダ)、トミー・デヴィート(ビンセント・ピアッツァ)。希望のない町に生まれた4人は、自分たちの音楽だけで夢のような成功をつかみ取る。彼らはザ・フォー・シーズンズとして、『シェリー』、『恋はヤセがまん』、『恋のハリキリ・ボーイ』、『悲しき朝焼け』、『悲しきラグ・ドール』、『バイ・バイ・ベイビー』、『愛はまぼろし』、『君の瞳に恋してる』といった数々の名曲をヒットさせ、音楽界に不滅の伝説を打ち立てていく。しかし、そのまばゆいばかりの栄光ゆえに、裏切りと挫折、別離、家族との軋轢といった不幸が彼らを襲う……。
出典:Movie Walker
ベスト6

奇跡のシンフォニー


引用:(C)東宝東和
公開:2008年
監督:カーステン・シェリダン
出演:フレディ・ハイモア / ケリー・ラッセル
児童福祉施設で育った11歳の少年エバンは、あらゆる音がメロディに聞こえるという類まれな音感の持ち主。不思議な音に導かれて施設を抜け出した彼は、マンハッタンで出会ったストリートミュージシャンにギターの才能を見出されて演奏活動をはじめるが……。
出典:映画.com
ベスト5

幸せのちから


公開:2007年
監督:ガブリエレ・ムッチーノ
出演:ウィル・スミス / ジェイデン・スミス
医療機器事業の失敗によりホームレスとなったが、超難関の株トレーダー養成コースを経て一流証券会社に就職し、アメリカンドリームを成し遂げた実在の人物(クリス・ガードナー)の半生と彼を支えた息子との心の交流を描く人間ドラマ。息子役には主演ウィル・スミスの息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスが抜擢。
出典:映画.com
ベスト4

はじまりのうた


公開:2015年
監督:ジョン・カーニー
出演:キーラ・ナイトレイ / マーク・ラファロ
ニューヨーク。シンガーソングライターのグレタ(キーラ・ナイトレイ)は、同じミュージシャンの恋人デイブ(アダム・レヴィーン)に裏切られ、失意のままライブハウスで歌っていた。そこに偶然居合わせた落ちこぼれの音楽プロデューサー、ダン(マーク・ラファロ)はグレタの才能に惚れ、彼女にデビューの話を持ちかける。ところが、その録音はニューヨークの街角で行うという。セントラルパークやチャイナタウン、橋の下、路地裏、ビルの屋上、地下鉄のホームなど、グレタのゲリラレコーディングは続いていくが、この無謀な企画が小さな奇跡を起こし始める。やがてアルバムが完成したその日、誰も予想できなかった最高のはじまりが待っていた……。
出典:Movie Walker
ベスト3

セッション


公開:2015年
監督:デイミアン・チャゼル
出演:マイルズ・テラー / J・K・シモンズ

偉大なジャズドラマーを夢見て全米屈指の名門、シェイファー音楽院に入学したニーマン。ある日、フレッチャー教授の目に止まり、彼のバンドにスカウトされる。そこで成功すれば、偉大な音楽家になるという夢は叶ったも同然。自信と期待を胸に練習に参加したニーマンだったが、そんな彼を待っていたのは、わずかなテンポのずれも許さないフレッチャーの狂気のレッスンだった。それでも頂点を目指すためと、罵声や理不尽な仕打ちに耐え、フレッチャーのイジメのごとき指導に必死で食らいついていくニーマンだったが…。
出典:allcinema

おすすめポイント! おすすめポイント!


ジャズの世界でドラム演奏者を目指す青年と有名音楽学校の鬼講師との壮絶なぶつかり合いを描いた作品です。
両者の演奏に対する情熱と執念が衝突し合う姿が見どころです。人間の努力と集中力の限界を超えた先に待ち受ける景色が何たるものかを教えてくれる映画でした。
言葉を必要とせず、二人の男が演奏を通じて魂がぶつかり、重なり合う。劇中、主人公が溜めてきて様々な想いを解放する瞬間は映画を見た人に達成感を覚えさせる程です。
ベスト2

ワン チャンス


公開:2014年
監督:デビッド・フランケル
出演:ジェームズ・コーデン / アレクサンドラ・ローチ

いじめられっ子だった子ども時代はもちろん、大人になっても一貫して冴えない人生を送るポール・ポッツ。歌うことが大好きで、オペラ歌手になる夢を持ちながらもケータイ・ショップの店員に甘んじる日々。そんな彼にもようやく春が訪れ、メールで知り合った気だての良い女性ジュルズと恋人同士に。そして彼女の叱咤激励が功を奏し、ヴェネチアへのオペラ留学が実現する。さらに、憧れのパヴァロッティの前で歌う機会にも恵まれるポールだったが…。
出典:allcinema

おすすめポイント! おすすめポイント!


イギリスの人気歌番組で一夜にして人生が変わった一人の若者を描いた感動の作品です。
歌うことに人生の大半を捧げながらも、自信が持てずに幾度となく挫折を味合う主人公。職場の友人、最愛の妻、周囲の人の支えをきっかけに歌で自分自身を変えようとする健気な主人公の姿が強く心に刻まれる作品です。
周りの人が少しだけ背中を押してあげる優しさが、人を大きく成長させるきっかけとなる。それを教えてくれる愛と感動の映画です。
ベスト1

遠い空の向こうに


公開:2000年
監督:ジョー・ジョンストン
出演:ジェイク・ギレンホール / クリス・クーパー

米ソ冷戦時代のアメリカ、コールウッド。ここに生まれた男は誰もが将来炭坑夫になると約束されたこの町で、高校生ホーマーは自分の将来に不安を感じていた。そんな1957年10月4日。ホーマーは星空を美しい軌跡を描いて飛んでいくソ連の人工衛星スプートニクを見る。宇宙の夢に魅せられたホーマーは悪友たちと「ロケット・ボーイズ」を結成、ロケット製作に夢中になるが、父はそんなホーマーを理解できず、二人は衝突する。
出典:映画.com

おすすめポイント! おすすめポイント!


アメリカの田舎町でロケット打ち上げに夢を乗せて突き進んだ少年達の描いた感動の作品です。
周囲の人々や家族の反対を受けながらも、自身の夢に向かって突き進む少年達の姿が青春の一時を思い出させてくれます。わだかまりを持った父親との関係、唯一応援してくれた恩人との約束。様々な人々の想いを背負いながら、少しづつ少年から大人へと成長する姿が印象的です。
NASAでロケット開発を担う、技術者の少年時代を映画化した実話に基づくストーリーです。