宇宙へ飛び立つSF映画
image by : PEXELS
ベスト8

ライフ


公開:2017年
監督:ダニエル・エスピノーサ
出演:ジェイク・ギレンホール / レベッカ・ファーガソン
世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結し、火星で採取された地球外生命体の細胞を極秘調査することに。まさに神秘としかいいようのない地球外生命体の生態に驚がくする彼らだったが、細胞は次第に進化と成長を遂げ高い知能を誇るようになる。やがて地球外生命体に翻弄(ほんろう)され、宇宙飛行士たちの関係が揺らぎ始め、ついには命を落とす者も出る。助けを呼べない宇宙で追い詰められた彼らは……。
出典:シネマトゥデイ
ベスト7

宇宙兄弟


引用:(C)東宝東和
公開:2012年
監督:森義隆
出演:小栗旬 / 岡田将生
西暦2025年。幼い頃に兄弟で交わした「二人で宇宙飛行士になる」という約束通り、弟・ヒビト(岡田将生)は宇宙飛行士となったが、兄・ムッタ(小栗旬)は、自動車設計会社をクビになり無職となってしまう。大きく異なった運命を歩んでいた二人の兄弟。そんなある日、ヒビトからの1本の電話をきっかけに、ムッタは再び宇宙を目指し始める。夢を追い続けたヒビトと、夢を思い出したムッタ。いま、二人の壮大な夢が動き出した……。
出典:Movie Walker
ベスト6

ゼロ・グラビティ


公開:2013年
監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:サンドラ・ブロック / ジョージ・クルーニー
地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。すると、スペースシャトルが大破するという想定外の事故が発生し、二人は一本のロープでつながれたまま漆黒の無重力空間へと放り出される。地球に戻る交通手段であったスペースシャトルを失い、残された酸素も2時間分しかない絶望的な状況で、彼らは懸命に生還する方法を探っていく。
出典:シネマトゥデイ
ベスト5

オデッセイ


公開:2016年
監督:リドリー・スコット
出演:マット・デイモン / ジェシカ・チャステイン
火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワトニーは生き延びようとする。一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとしていた。
出典:シネマトゥデイ
ベスト4

アポロ13


公開:1995年
監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス / ケビン・ベーコン
月面探査を目的とするアポロ計画が継続されているアメリカでは、引き続きアポロ13号打ち上げの準備が進められていた。やがて、ジムら3人の飛行士チームが乗組員に任命されるが、そのうちのひとり、ケンが風疹を患ったことから予備役のジャックが代替搭乗する。そして1970年4月11日、13号は月へ向けて打ち上げられた。しかし、順調に航行していた最中、酸素タンクが爆発する事故が発生。月面着陸はおろか、地球への帰還も困難な事態に。それでもジムたちは地球へ戻るために試行錯誤し、一方の管制センターでも彼らを無事地球に帰還させようと様々な対策を講じる。そんな中、生命線である13号内の酸素と電力が刻一刻と奪われていくのだが…。
出典:映画.com
ベスト3

パッセンジャー


公開:2016年
監督:モルテン・ティルドゥム
出演:ジェニファー・ローレンス / クリス・プラット

20××年。新たなる居住地を目指す“人類移住プロジェクト”として、5000人の乗客<パッセンジャー>を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を出発。目的地の惑星到着まで120年、冬眠装置で眠る安全な旅であった。だが乗客の中で、なぜか二人の男女だけが90年も早く目覚めてしまう……。エンジニアのジム・プレストン(クリス・プラット)と作家のオーロラ・レーン(ジェニファー・ローレンス)は、絶望的状況の中でお互いに惹かれ合っていく。そんななか、彼らはなんとか生きる術を見つけようとするが、予期せぬ出来事が二人の運命を狂わせていくのだった……。
出典:Movie Walker

おすすめポイント! おすすめポイント!


孤独」と「想い」その二つのキーワードで物語が進行する映画です。
スートーリー自体はシンプルなものの、主人公の人間臭い内なる感情が浮き立つ作品であり、観ている人に「自分だったらどうするか?」という疑問を投げ掛けてきます。
冬眠カプセルから一人目覚めてしまい孤独と退屈に耐えかね、空虚な日々から抜け出すために想いを寄せる相手を冬眠カプセルから目覚めさせずにはいられるのか?主人公とヒロイン、二人それぞれの視点から観た時に異なる捉え方ができ、何度観ても楽しめる作品です。
ベスト2

アルマゲドン


公開:1998年
監督:マイケル・ベイ
出演:ブルース・ウィリス / ベン・アフレック

地球への衝突コースを取る小惑星が発見された。もしも、テキサス州の大きさにも匹敵するその小惑星が地球に激突すれば、人類の破滅は免れない。これを回避する方法はただひとつ、小惑星内部に核爆弾を設置し、内側から破壊するしかない。そしてその任務に選ばれたのは石油採掘のスペシャリストたちだった。刻々と迫る滅亡へのカウントダウンの中、人類の運命を委ねられた14人の男たちは小惑星へと飛び立った!
出典:allcinema

おすすめポイント! おすすめポイント!


地球を救うという大きな使命のもと、宇宙へと飛び立つ感動の名作です。
使命を果たすために覚悟を決めた者たちの想いが強く伝わってくる映画です。父から娘への想い娘から父への想い恋人への想い。それぞれ交差し合い、時にぶつかる時もあれど、お互いを想い合うその気持ちは決して変わらず、真っ直ぐに進んでいく。涙なくしては観れない感動の作品です。
ベスト1

インターステラー


公開:2014年
監督:クリストファー・ノーラン
出演:マシュー・マコノヒー / アン・ハサウェイ

劇的な環境変化によって、寿命が尽きかけている未来の地球。新たに発見された宇宙のワームホールを利用し、居住可能な新たな惑星を探すという、生きて帰れるかわからない重大な使命を担う壮大な旅に、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男(マシュー・マコノヒー)と、数少ないクルーが選ばれる。人類の限界を超え、不可能にも思える史上最大のミッションのため、前人未到の未開の地へ旅立った一行は、自らの使命を全うし、愛する家族の元へと生還することができるのか……。
出典:Movie Walker

おすすめポイント! おすすめポイント!


地球で待つ家族のために宇宙へと飛び立ち、家族との再会を果たすために宇宙での長い年月を乗り越える男の物語です。
地球と宇宙とで時間の流れが異なり、父と娘それぞれの想いにも次第に亀裂が入る。それでも約束を果たそうと父の強い想いが「時間」という不可思議な力に奇跡をもたらします。
壮大な宇宙の中で小さくても必死に生きる人間の愛がいかに大きいかを感じさせてくれる映画です。