大金を動かす金融映画
image by : PEXELS
ベスト8

ウォール・ストリート


公開:2011年
監督:オリバー・ストーン
出演:マイケル・ダグラス / シャイア・ラブーフ

前作の最後に逮捕され収監されたウォール街のカリスマ投資家ゴードン・ゲッコー(ダグラス)が長い刑期を終えてニューヨークに帰ってきた。疎遠になっていた娘ウィニーとの関係修復にとりかかるゲッコーだったが、ウィニーは強欲な犯罪者の父親を毛嫌いしていた。そんな中、ゲッコーはウィニーの婚約者でウォール街で一旗揚げようとしている野心家の青年ジェイコブと出会う。
出典:映画.com
ベスト7

マネー・ショート


引用:(C)東宝東和
公開:2016年
監督:アダム・マッケイ
出演:クリスチャン・ベイル / スティーヴ・カレル

2005年。風変わりな金融トレーダーのマイケルは、格付けの高い不動産抵当証券に信用力が低いはずのサブプライム・ローンが組み込まれていることに気づき、破綻は時間の問題だと見抜く。だが、好景気に沸くウォール街で彼の予測に真剣に耳を傾ける者など一人もいなかった。そこでマイケルは、“クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)”という金融取引で、バブル崩壊の際に巨額の保険金が入る契約を投資銀行と結ぶ。同じ頃、若き銀行家ジャレッドやヘッジファンド・マネージャーのマーク、引退した伝説のベンもまた、バブル崩壊の足音を敏感に察知し、ウォール街を出し抜くべく行動を開始するが…。
出典:allcinema
ベスト6

大逆転


公開:1983年
監督:ジョン・ランディス
出演:ダン・エイクロイド / エディ・マーフィ

フィラルデフィア。一方は、大会社の経営陣のひとりとして手腕を見せるエリートで金持ち青年ルイス・ウィンソープ。もう一方は、サギまがいの事をやりながら生きている貧しい黒人青年ビリー・バレンタイン。そんな彼らの知らない所で、ウィンソープの会社の会長である2人組が、ある賭けを企んでいた。この2人の環境を入れ換えるとどうなるかという賭けである。そして、何にも知らないウィンソープは2人の罠にはまり、無一文で街に放り出され、また何にも知らないバレンタインは、いきなり大豪邸での夢の様な暮らしに逆転するが……。
出典:allcinema
ベスト5

ウォール街


公開:1988年
監督:オリヴァー・ストーン
出演:マイケル・ダグラス / チャーリー・シーン

一攫千金を夢見る若き証券マン、バド(C・シーン)は、業界のフィクサー的存在である大富豪ゲッコー(M・ダグラス)に取り入ろうと必死だった。父(M・シーン)の勤める航空会社の情報を流したことによって、その夢はかなえられ、バド自身も大金を手にするが……。
出典:allcinema
ベスト4

殿、利息でござる


引用:(C)松竹
公開:2016年
監督:中村義洋
出演:阿部サダヲ / 瑛太

江戸中期。仙台藩は財政が厳しく、重税にあえぐ百姓や町人たちの破産と夜逃げが後を絶たなかった。小さな宿場町・吉岡藩もすっかり寂れてしまい、造り酒屋の主・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)は町の行く末を案じていた。そんな中、知恵者の菅原屋篤平治(瑛太)がある秘策を打ち出す。それは、大金を藩に貸し付け、藩から利息を得るというものだった。目標額は、千両。しかしこれが明るみになれば打ち首必至。十三郎とその弟・浅野屋甚内(妻夫木聡)、さらに宿場町の仲間たちは、水面下で大金を掻き集めようと知恵を絞り、奔走する。
出典:Movie Walker
ベスト3

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実


公開:2011年
監督:チャールズ・ファーガソン
出演:ウィリアム・アックマン / ダニエル・アルパート

2008年9月、アメリカの投資銀行リーマン・ブラザーズが経営破綻し、世界中を巻き込んだ金融危機が発生する。アメリカはその前から住宅ローンの焦げ付きによるサブプライムローン問題なども抱えており、一気に未曾有の経済恐慌に陥ってしまう。そこには1980年代以来、狂乱の時代にあったアメリカ金融界に巣食う恐ろしい落とし穴があった。
出典:シネマトゥデイ

おすすめポイント! おすすめポイント!


世界的に不況を巻き起こしたリーマンショック。私たちの生活においても企業倒産、所得の減少、就職難と様々な意味で悪影響を与えたあの不況時代。その元凶となったウォール街の裏側で何が行われていたのかを当事者達に話を聞いて回った注目のドキュメンタリー映画です。
財務省、大手企業、格付け機関、アメリカを代表する経済界の大物達が結託したことで雪崩の様に全てが崩れ去った、あの事件の裏側には決してあってはならない真実が潜んでいました。
ベスト2

ウルフ・オブ・ウォールストリート


公開:2013年
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ / ジョナ・ヒル

22歳でウォール街の投資銀行へ飛び込んだジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)は学歴もコネも経験もなかったが、誰も思いつかない斬新なアイディアと巧みな話術で、瞬く間になり上がっていく。貯金ゼロから26歳で証券会社を設立したジョーダンは、年収4900万ドルを稼ぐようになるが、常識はずれな金遣いの粗さで世間を驚かせる。すべてを手に入れ、“ウォール街のウルフ”と呼ばれるようになった彼の行く末には、成功以上にセンセーショナルな破滅が待っていた……。
出典:Movie Walker

おすすめポイント! おすすめポイント!


かつてのウォールストリートでは私達が知りもしない、イカれた世界が広がっていました。何もかもが度を超え、まさにこの世の「強欲」に満ち溢れた証券マン達が巣くう街には誰しもが衝撃に受けること間違いなしです。
ウォール街で横行する前代未聞の悪徳な詐欺ビジネスで大金を手にした獣達がお金と薬、女に溺れていく、実話に基づいた描いた衝撃の作品です。
ベスト1

ハゲタカ


引用:(C)東宝東和
公開:2009年
監督:大友啓史
出演:大森南朋 / 玉山鉄二

徹底した合理主義で多くの企業の買収を成功させてきた敏腕ファンドマネージャーの鷲津は、日本の閉鎖的なマーケットに絶望し、海外にその活躍の場を広げていた。ある日、鷲津のもとを盟友の芝野が訪れ、中国系ファンドによる日本の大手自動車メーカー買収を阻止してほしいと依頼する。
出典:映画.com

おすすめポイント! おすすめポイント!


企業買収を生業とするファンドマネージャーたちの壮絶な攻防を描いた究極の金融映画です。
人間の精神における限界ギリギリを描いたお金に対する人の「欲」とライバル企業同士が騙し合い、お互いを翻弄し合う、サスペンス要素としても楽しめます。
映画作品として、金融や経済の観点からも学術的な面で非常に評価を受けている作品です。