●●映画
image by : PEXELS
ベスト8

宇宙人ポール


引用:(C)アステア
公開:2011年
監督:グレッグ・モットーラ
出演:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト
SFオタクのイギリス人青年、クライブ(ニック・フロスト)とグレアム(サイモン・ペッグ)は、念願だったコミックの祭典「コミコン」とアメリカ中西部のUFOスポットを巡る旅を楽しんでいた。その途中彼らは、ネバダ州の「エリア51」でポールと名乗る宇宙人と遭遇する。そしてポールを故郷に帰すため、悪戦苦闘の日々が始まり……。
出典:シネマトゥデイ
ベスト7

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い


公開:2010年
監督:監督 トッド・フィリップス
出演:ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ
2日後に挙式を控えたダグ(ジャスティン・バーサ)は、バチェラーパーティーと呼ばれる結婚前夜祭をラスベガスで過ごすことにする。彼は親友のフィル(ブラッドリー・クーパー)やステュ(エド・ヘルムズ)らと共に一路ラスべガスへ。だが、翌日ホテルで目を覚ますとひどい二日酔いで、花婿になるはずのダグの姿はどこにもなく……。
出典:シネマトゥデイ
ベスト6

50/50 フィフティ・フィフティ


公開:2011年
監督:ジョナサン・レビン
出演:ジョセフ・ゴードン=レビット、セス・ローゲン
酒もタバコもやらない普通の青年アダムは27歳でガンを患い、生存率50%と宣告される。同僚や恋人、家族は病気を気づかってどこかよそよそしくなっていくなか、悪友カイルだけはガンをネタにナンパに連れ出すなど、いつも通りに接してくれていた。アダムはなんとかガンを笑い飛ばそうと日々を過ごしていくが、刻々と進む病状に次第に平穏を装えなくなってしまう。
出典:映画.com
ベスト5

インターンシップ


公開:2013年
監督:カリーナ・カプール
出演:ビンス・ボーン、オーウェン・ウィルソン
倒産した会社のセールスマンが巨大企業のインターンシップに挑む姿をユーモラスに描くコメディ作品。時計販売会社のセールスマン・コンビのビリーとニックは、スマートフォンの普及で時計が売れなくなってしまったため、突然会社倒産の憂き目に遭ってしまう。デジタル化の波に巻き込まれ失業者となった2人だが、ある日ビリーがとんでもないことを言い出した。なんと一流巨大企業“Google”のインターンシップ募集に応募しようというのだ。知識不足の自分たちには無理と反対するニックだが、ビリーに説得されインターンシップへ参加することに。しかし他の参加者は秀才のエリートばかりで、とても二人が太刀打ちできるような相手ではなかった。
出典:allcinema
ベスト4

きっと、うまくいく


引用:(C)日活
公開:2013年
監督:ミニー・ドライバー
出演:アーミル・カーン、カリーナー・カプール
エリート大学に合格した3人の新入生。そのひとり、ランチョー(アーミル・カーン)は“超天才かバカ”といわれる自由人。「きっと、うまくいく」というモットーのもと、なんとか大学を卒業するが、ある日突然姿を消してしまう。そんな彼を探し、10年前に交わした賭けの答えを出すために、共に学んだ親友たちが旅に出る。やがて親友たちに降りかかる人生の危機とは……。
出典:Movie Walker
ベスト3

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち


引用:(C)日活
公開:1998年
監督:ガス・バン・サント
出演:ベン・アフレック、ミニー・ドライバー

深い心の傷を負った天才青年と、同じく失意の中にいた精神分析医がお互いにあらたな旅立ちを自覚して成長してゆく姿を描く感動のヒューマン・ドラマ。ボストンに住む青年ウィルは、幼い頃から天才ゆえに周囲から孤立していた。だが、彼の才能に気付いた数学教授のランボーは、ウィルに精神分析医のショーンを紹介する。ウィルはショーンにしだいに心を開いてゆくが、彼の才能に気付いた政府機関や大企業が接近してくる。
出典:allcinema

おすすめポイント! おすすめポイント!


天才的な頭脳を持つが、劣悪な環境で育ち、誰にも理解されずに生きてきた青年の苦悩、成長を描いています。心から信頼できる人と出会い、不器用ながらも少しずつ心を開いていく様子は、心が温まります。
子どもから大人へと変わった時、主人公には新しい道が見え、歩んでいく姿がどこか誇らしさを感じさせてくれます。
登場人物それぞれが悩み、不安を抱えながらも主人公に寄り添っていく姿がとても印象に残る映画です。
ベスト2

最強のふたり


引用:(C)日活
公開:2012年
監督:エリック・トレダノ 、オリビエ・ナカシュ
出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー

不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探していた。スラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)は生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた不届き者だったが、フィリップは彼を採用することに。すべてが異なる二人はぶつかり合いながらも、次第に友情をはぐくんでいき……。
出典:シネマトゥデイ

おすすめポイント! おすすめポイント!


それぞれ育った環境・年齢・考え方・住む世界がまるっきり異なる二人。到底分かり合えないかと思われたが、気づけばお互いの価値観を尊重し、認め合える存在に変わっていきます。
二人とも悩みや問題を抱えていますが、些細なくだらないことでも一緒に笑い合える友人がいることで毎日を明るく過ごしていきます。人生にはユーモアが必要!幸せな人生にするためのヒントを教えてくれる映画です。
ベスト1

スタンド・バイ・ミー


引用:(C)日活
公開:1987年
監督:ロブ・ライナー
出演:ウィル・ウィートン / リバー・フェニックス

オレゴン州の小さな田舎町キャッスルロック。それぞれに家庭の問題を抱える4人の少年たちが、町から30キロばかり離れたところに列車の轢死体が放置されているという噂を聞き、死体探しの旅に出る。
出典:映画.com

おすすめポイント! おすすめポイント!


短い夏休み。少年たちが繰り広げるひと夏の大冒険を描いた作品です。
旅を通して時にはケンカし、大人への階段を登っていく少年達の固く結ばれる絆が描かれています。子供の時には意識しないでも自然と出来ていた友人達。それが大人になるとなかなか人間関係がうまくいかないことが多くなると思います。そんな時に、この作品を見れば大切なことを思い出させてくれるかもしれません。