天才勝負師の魂溢れる映画映画
image by : PEXELS
ベスト8

完全なるチェックメイト


引用:(C)ギャガ
公開:2015年
監督:エドワード・ズウィック
出演:トビー・マグワイア / リーブ・シュレイバー
15歳の時にチェスの最年少グランドマスターになった経歴を持つボビー・フィッシャーは、その突飛すぎる思考と予測不能な行動のせいで変人として知られていた。アイスランドで開催される世界王者決定戦に出場することになったフィッシャーは、チェス最強国ソ連が誇る王者ボリス・スパスキーと対局。両国の威信をかけた「世紀の対決」として世界中が勝負の行方を見守る中、一局目で完敗したフィッシャーは極限状態に追い込まれながらも、驚くべき戦略でスパスキーに立ち向かう。
出典:映画.com
ベスト7

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ


引用:(C)東宝東和
公開:2010年
監督:松山博昭
出演:戸田恵梨香 / 松田翔太
巨額のマネーを賭けて騙し合う謎のゲーム“ライアーゲーム”に巻き込まれてしまった女子大生・神崎直(戸田恵梨香)は、天才詐欺師・秋山深一(松田翔太)の力を借りて次々と難題をクリア、なんとか決勝戦までたどり着く。ふたりが挑むファイナルステージは、失われた楽園の名を冠する禁断のゲーム「エデンの園ゲーム」。優勝賞金は50億。プレイヤー全員が互いに信頼し合い、協力すれば、参加者11名全員がゲームに勝つことができるという。だが、決勝進出者の中には最強の刺客“プレイヤーX”が姿を潜めていた……。運命に選ばれし者だけが生き残る究極の頭脳戦が幕を開ける。果たして最後に勝利する者は誰か。そして、谷村光男(渡辺いっけい)やエリー(吉瀬美智子)が所属するLGT(ライアーゲーム・トーナメント)事務局の真の目的とは……?
出典:Movie Walker
ベスト6

8マイル


公開:2002年
監督:カーティス・ハンソン
出演:エミネム / キム・ベイシンガー
アメリカ、デトロイト。都市と郊外、白人と黒人分割する“8マイル・ロード”プレス工場で働きながら底辺の暮らしを余儀なくされるラビットことジミー(エミネム)は町のヒップ・ホップ・クラブ“シェルター”でラッパー同士が競うラップ・バトルの舞台に立ったが実力を発揮できずにいた……。
出典:シネマトゥデイ
ベスト5

ラウンダーズ


引用:(C)松竹
公開:1999年
監督:ジョン・ダール
出演:マット・デイモン / エドワード・ノートン
NYに住む法学生のマイクは、学費をポーカーで稼ぐカード・ゲームの天才。そんなある日、彼は闇カジノを仕切るロシアン・マフィアのテディKGBに惨敗し、全財産を巻き上げられてしまう。これを機に、ギャンブルから足を洗う決心をしたマイクだったが・・・。
出典:allcinema
ベスト4

セッション


引用:(C)ギャガ
公開:2014年
監督:デイミアン・チャゼル
出演:マイルズ・テラー / J・K・シモンズ
名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン(マイルズ・テラー)。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャー(J・K・シモンズ)だった。ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引き出すためには暴力をも辞さない彼におののきながらも、その指導に必死に食らい付いていくニーマン。だが、フレッチャーのレッスンは次第に狂気じみたものへと変化していく。
出典:シネマトゥデイ
ベスト3

スティーブ・ジョブズ


公開:2013年
監督:ジョシュア・マイケル・スターン
出演:アシュトン・カッチャー / ダーモット・マローニー

ジョブズは自宅ガレージを改造して、ウォズニアックらとアップルコンピュータを設立する。ジョブズは社長として経営に辣腕をふるい、77年にApple IIを発売、大ヒットとなる。25歳にして成功を手中にしたジョブズだったが、そのときから周囲との軋轢に苦しみ、挫折と栄光を味わうことになる。
出典:映画.com

おすすめポイント! おすすめポイント!


人を魅了させ、人を傷つけ、孤独を感じながらも我が道へ突き進むappleの創業者、スティーブ・ジョブズのクレイジーさを見せてくれる作品です。
世界を変えたいと掲げ、犠牲にしたものや人の数は数え切れないがそれでも前へと進んでいこうとするカリスマ性が人を魅了し、時代を変える商品を作り上げたのだとこの映画を観て納得できます。
IT技術で世界を変えたスティーブ・ジョブズの軌跡がこの作品に凝縮されています。
ベスト2

ドラフト・デイ


公開:2014年
監督:アイヴァン・ライトマン
出演:ケヴィン・コスナー / ジェニファー・ガーナー

過去2シーズン、ふがいない成績に終わったクリーブランド・ブラウンズのGM、サニー・ウィーバー・Jr.。来シーズンこそは、確実にファンや関係者を納得させる成績を残さなければならなかった。すべては、12時間後に迫ったドラフト会議の成否にかかっていた。どうしても即戦力となる目玉選手を獲得したいサニー。そんな彼が喉から手が出るほど欲しい1位指名権の譲渡をライバルチームのGMが提案してきた。しかし、交換条件は今後3年間の1巡目指名権の譲渡というあまりにも法外な要求だった。そんな中、人気選手が欲しいオーナーからのプレッシャーに加え、ヘッドコーチをはじめ現場スタッフの猛反発にも晒され、ギリギリまで指名選手を決断できないサニーだったが…。
出典:allcinema

おすすめポイント! おすすめポイント!


アメフトチームのGMとしてチームの勝利、選手、スタッフと色んな人々の想いを背負いながらも決断していくその意思に圧倒されます。
チームを勝利させるためにドラフトでいい選手を獲得する。目標に向かって交わされるシビれる様な駆け引きには目が離せません。自分自身が信念を貫き通したその先にチームが一つになる
達成感と爽快感を感じさせてくれる映画です。
ベスト1

3月のライオン(前・後編)


公開:2017年
監督:大友啓史
出演:神木隆之介 / 佐々木蔵之介

桐山零は幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士・幸田に引き取られた。居場所を求めるように将棋を指し続け、中学生にしてプロ棋士になったものの、幸田家を出ざるをえない状況になる。東京の下町にひとりで暮らし、深い孤独を抱えたある日、川向こうに住む川本家の三姉妹と出会う。彼女たちのにぎやかな食卓に混ざった桐山は、そこに居場所を見出していった。様々な人との交流、そして様々な人生を背負った棋士との出会いと闘いが、桐山を変えていく。
出典:Movie Walker

おすすめポイント! おすすめポイント!


将棋の世界で天才的な腕を開花させた若き棋士を描いた作品です。
多感な10代ならではの家族に対する複雑な感情に惑わされながらも、目の前にする相手に必死に立ち向かうその姿に心を打たれます。両親に先立たれ生き抜くために将棋を始めた少年が劣等感から立ち上がり、敗北から学び、目標に向かって少しづつ進んでいきます。
対局通じて、「人」を知り、理解していくことで子供だった少年が大人へと成長していく様が観ている私達に青春の時を思い起こしてくれる作品です。