●●映画
image by : PEXELS
ベスト8

ジュリエットからの手紙


引用:(C)ショウゲート
公開:2011年
監督:ゲイリー・ウィニック
出演:アマンダ・セイフライド / バネッサ・レッドグレーブ
シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の舞台となったイタリア・ベローナを訪れたアメリカ人女性ソフィーは、ジュリエットへの恋愛アドバイスを求める手紙への返信を行うボランティアグループに出会う。そこで、ソフィーは50年前に書かれた手紙を見つけ、返信すると、手紙を書いた本人のクレアとその孫のチャーリーが現れ……。
出典:映画.com
ベスト7

華麗なるギャツビー


公開:2013年
監督:バズ・ラーマン
出演:レオナルド・ディカプリオ / トビー・マグワイア
1920年代の米ニューヨーク、ロングアイランド。宮殿のような豪邸に暮らし、素性も仕事も謎めいた大富豪のジェイ・ギャツビーは、毎夜のように豪華絢爛なパーティを開いていた。そんなある日、ギャツビーは、隣人の青年ニックに自らの生い立ちを語り始めるが、あまりにできすぎた物語に、ニックはギャツビーが何か隠し事をしていると直感する。やがてギャツビーは上流階級の令嬢デイジーに心ひかれていくが……。
出典:映画.com
ベスト6

P.S.アイラヴユー


公開:2008年
監督:リチャード・ラグラベネーズ
出演:ヒラリー・スワンク / ジェラルド・バトラー
突然の悲劇により最愛の夫ジェリー(ジェラルド・バトラー)を失ったホリー(ヒラリー・スワンク)。彼の死を受け入れられず、絶望に打ちひしがれる彼女のもとに、ある日1通の手紙が届く。その手紙の差出人は亡き夫だった。それから毎月1日になると、夫から消印のない手紙が届くようになるが……。
出典:シネマトゥデイ
ベスト5

タイタニック


公開:1997年
監督:ジェームズ・キャメロン
出演:レオナルド・ディカプリオ / ケイト・ウィンスレット
1912年、イギリスのサウザンプトン港から豪華客船タイタニックが処女航海に出発した。新天地アメリカに夢を抱く画家志望の青年ジャックは上流階級の娘ローズと運命的な出会いを果たし、二人は互いに惹かれ合う。そこにはローズの婚約者である資産家キャルや、保守的なローズの母親などの障害が横たわるが、若い二人はそれを超えて強い絆で結ばれていく。しかし、航海半ばの4月14日、タイタニック号は氷山と接触。船は刻一刻とその巨体を冷たい海の中へと沈め始めていた……。
出典:allcinema
ベスト4

私の頭の中の消しゴム


引用:(C)ギャガ
公開:2005年
監督:イ・ジェハン
出演:チョン・ウソン / ソン・イェジン
建設会社の社長の娘スジン。彼女は妻ある男性と不倫の関係にあったが、ついに破局を迎える。その夜、傷心のまま彷徨っていた街で一人の男性チョルスと出会う。その時は気づかなかったが、彼こそスジンの運命の人だった。やがて再会した2人は、ほどなく恋に落ち、幸せの中結婚する。甘い新婚生活に浸る2人だったが、いつの頃からかスジンの物忘れが度を越したものとなっていく。心配になって医者に診てもらったところ、若年性アルツハイマーという思いもよらぬ診断結果を告げられるのだった。
出典:シネマトゥデイ
ベスト3

あと1センチの恋


公開:2014年
監督:クリスチャン・ディッター
出演:リリー・コリンズ / サム・クラフリン

ロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は6歳のころからの友達同士。自分たちの住むイギリスの田舎町を出て、アメリカのボストンの大学へ進学しようと約束し、二人とも合格。ところがロージーは、クラスの人気者クレッグと軽い気持ちで関係を持ち、身ごもってしまう。アレックスはボストンへ移り、ロージーは一人で子育てに奮闘するが……。
出典:シネマトゥデイ

おすすめポイント! おすすめポイント!


恋愛はただ相手のことを思うことだけでは足りない。たった少しの歩み寄りがその先の人生を大きく変えます。
長年、すれ違う二人の気持ちに対するもどかしさと切なさ、そして映画を観終わった後に心から二人の幸せを願うことのできる映画です。自分の想いを相手に伝えることはとても難しいことです。誰しも正直な気持ちを相手に伝えられずに悩み、苦しみ、もがく。そんなあなたに是非観てもらいたい作品です。
ベスト2

ラ・ラ・ランド


公開:2017年
監督:デイミアン・チャゼル
出演:ライアン・ゴズリング / エマ・ストーン

アメリカ・ロサンゼルス。この街には、夢を追いかける人が各地から集まってくる。女優を目指すミア(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働きながらオーディションを受け続けているが、落ちてばかりだった。ある日、ふと立ち寄った場末のバーで、ピアノを弾いているセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会う。彼の夢は、自分の店を持って思う存分本格的なジャズを演奏することだった。恋に落ち、互いに応援しあう二人。しかしセバスチャンが生活のために加入したバンドが売れ、二人の関係が変わってしまう。
出典:Movie Walker

おすすめポイント! おすすめポイント!


夢に向かって突き進みながら惹かれ合う二人を描いたラブロマンスです。
二人が揺れ動き、徐々に愛を分かち合う様は女性が観ても、男性が観ても、トキメキを覚えます。恋の"甘さ"と、愛の"苦さ"。自身が育む愛と、相手に抱く愛、交差する想いがあってこそ、愛が何たるものなのかを向き合える作品です。
歌と踊り、ミュージカル映画としてのパフォーマンス。そしてそれをワンカットで撮る映像へのこだわりが生み出した名作です。
ベスト1

きみに読む物語


引用:(C)ギャガ
公開:2005年
監督:ニック・カサベテス
出演:ライアン・ゴズリング / レイチェル・マクアダムス

とある療養施設に独り暮らす初老の女性。彼女は若かりし情熱の日々の想い出を全て失っていた。そんな彼女のもとへデュークと名乗る初老の男が定期的に通い、ある物語を読み聞かせている。それは古き良き時代、アメリカ南部の夏の恋物語だった――。1940年、ノース・カロライナ州シーブルック。裕福な家族とひと夏を過ごしにやって来た少女アリーは、そこで地元の青年ノアと出会う。その時、青年のほうは彼女こそ運命の人と直感、一方のアリーもまたノアに強く惹かれていくのだった。こうして、2人の恋は次第に熱く燃え上がっていくのだが…。
出典:allcinema

おすすめポイント! おすすめポイント!


人生にたった一度きりの愛。二人の想いが重なり、離れ、再び重なる。愛することの素晴らしさと別れの辛さを感じる映画です。
人を真に愛することは人に突きつけられた人生最大の難問かもしれません。本当に大切なただ一人の人を愛する真実の愛が何たるかを感じさせてくれる最高のラブロマンス作品です。「愛こそが全て」そんな愛し合う二人の姿は涙なしでは観ることができません。